回復の見込みがない強度の精神病である場合

探偵社 フリーダムをお気に入りに追加

探偵社のフリーダム

  • 探偵社フリーダムホームへ戻る
  • 探偵社フリーダムお問合せ先
  • 探偵社フリーダム会社概要
  • 探偵社フリーダムサイトマップ

探偵社フリーダムの離婚相談

回復の見込みがない強度の精神病

【離婚コンテンツメニュー】

離婚の方法

不貞行為による離婚

婚姻の継続が困難

強度の精神病

3年以上の生死不明

悪意の遺棄による離婚

親権問題

養育費について

慰謝料について

探偵社の離婚相談サービス内容
離婚後原因の5か条の一つ、「回復の見込みがない強度の精神病」があります。強度の精神病で回復の見込みがなければ離婚できます。そもそも夫婦というのは、お互い協力し、扶助しなければならない義務を持っています。配偶者が強度の精神病にかかった場合、夫婦であるならば協力し合い助け合わなければならない義務を持っています。では、精神病で離婚が認められる場合はどんな場合か?それは、強度の精神病にかかり回復の見込みがないと医師の診断書を元に裁判官が判断をした場合になります。裁判官が判断する場合、決め手となるのは夫婦としての精神的繋がりがなくなり、正常な結婚生活の継続を期待できないほどの重い精神病障害であるかどうかということです。ですので、医学的に回復の見込みがないと判断されたからといって離婚できると決定するわけではありません。入院した段階で離婚請求してもまず認められません。

離婚原因として認められる精神病

  • 早期性痴呆
  • 麻痺性痴呆
  • そううつ病
  • 偏執病
  • 初老期精神病

離婚原因として認められない精神病

  • アルコール中毒
  • 麻痺性痴呆
  • 劇物中毒
  • ヒステリー
  • ノイローゼ

回復の見込みがない強度の精神病である場合の条件]まず、治療が長期間に渡って続いていて、その治療期間配偶者が常に治療、生活の面倒を見てきていたか、ということが見られます。しかし、これをしていたからといって必ず離婚できるわけではなく、全ての事情を総合的に考慮してなお、結婚を継続させるのが相当と判断される場合は裁判所は離婚を認めてくれないようです。

離婚の為の証拠収集

探偵社へのお問い合わせ

探偵社フリーダム・お気に入りに追加


回復の見込みがない強度の精神病である場合

探偵社のフリーダムホームへ戻る

お問い合わせ・ご相談