婚姻の継続が困難な重大な事由

探偵社 フリーダムをお気に入りに追加

探偵社のフリーダム

  • 探偵社フリーダムホームへ戻る
  • 探偵社フリーダムお問合せ先
  • 探偵社フリーダム会社概要
  • 探偵社フリーダムサイトマップ

探偵社フリーダムの離婚相談

婚姻の継続が困難な重大な事由

【離婚コンテンツメニュー】

離婚の方法

不貞行為による離婚

婚姻の継続が困難

強度の精神病

3年以上の生死不明

悪意の遺棄による離婚

親権問題

養育費について

慰謝料について

探偵社の離婚相談サービス内容
夫婦関係が修復不可能なまでに破綻し、夫婦として円満な婚姻関係を維持することが出来ない状態になった場合、「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚原因として認められています。

婚姻の継続が困難な重大な事由

  • 性格の不一致
  • 性生活の不一致
  • 刑事事件により政務所に服役
  • 暴力や虐待、暴言
  • 過度の宗教活動
  • 配偶者の両親、家族との不仲

性格の不一致

性格の不一致によって夫婦関係が破綻していれば「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」に該当します。これは性格の不一致が原因で婚姻関係が破綻したと客観的にみられ、将来的にも修復の可能性がないという場合に離婚請求が認められます。

夫や妻の暴力による婚姻破綻

家庭内で暴力が振るわれている場合、医師の診断書や写真などで暴力の被害を証明できるので、「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」として裁判所で離婚が認められています。

性生活の不一致

夫が性的不能である、夫が異常なまでに性欲が強く耐えられない、妻が潔癖症で性に対して嫌悪感を抱いている、性癖が異常である、また夫、妻が同性愛者であるといったケースで裁判所は離婚を認めています。しかし、性交渉の拒否が離婚に繋がるわけではありません。病気や高齢によって性交不能となった場合などは、離婚原因とはなりません。性交拒否や不能によって、夫婦関係が破綻した場合に離婚原因として認められます。

離婚の為の証拠収集

探偵事務所へのお問い合わせ

探偵社フリーダム・お気に入りに追加


婚姻の継続が困難な重大な事由

探偵社のフリーダムホームへ戻る

お問い合わせ・ご相談