離婚相談 離婚するにあたり知っておくべき知識

お電話はこちらから
お見積もり・メール相談

協議離婚

双方の意見が合い問題がない場合、離婚届を出して成立する離婚を、協議離婚といいます。一見何も問題がなく理想の離婚に思えますが、協議離婚もきちんと細かい話し合いをしておかなければ、後から様々な問題が起きてきます。では一体どんな話し合いをしておいたほうが良いのか?それは、主に養育費、財産分与、慰謝料、親権者、などがあります。離婚したい一心で離婚届にハンコを押すことは危険です。

調停離婚

双方の意見が合わず、話が付かない場合、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをし、裁判所が適切な離婚をすすめていきます。ここで、離婚自体の話はもちろん、養育費、財産分与、慰謝料、親権者などの問題も解決することが出来ます。しかし、調停は裁判のような強制力はないので、裁判所の意見をお互いが聞き、最終的に双方が同意しなければ離婚は成立しません。

審判離婚

調停離婚で何度も繰り返し調停が行なわれたが、お互いの意見が合わず、離婚を成立させられず、これ以上調停を行なっても合意の見込みがない場合、家庭裁判所が調停委員の意見を聞き、職権で離婚の処分をすることが出来ます。この事を審判といい、双方の意思に反し強制的に離婚を成立させるものです。

裁判離婚

協議離婚、調停離婚、審判離婚でも離婚が成立しなかった場合、地方裁判所に離婚の訴えを起こし、裁判に勝ち離婚を認める判決を得なければなりません。裁判での判決は、相手が認めなくても強制的に離婚が成立してしまうのです。


TOP
浮気調査
盗聴器・盗撮器調査
ストーカー対策
素行調査
結婚調査
探偵事務所選び
ご契約について
よくある質問
お見積もり・ご相談
探偵事務所 会社概要


浮気調査の注意点
愛人・不倫の結末
浮気を止めさせる方法
依頼例のご紹介
浮気チェック
離婚の知識
浮気相手への慰謝料請求


興信所
別れさせ屋
復縁工作
出会い工作
アリバイ工作
全国探偵事務所


・フリーダム探偵事務所
・0120-377-131
・住所:東京都新宿区西新宿7-1-7ダイカンプラザ4F
お電話はこちらから
お見積もり・メール相談

浮気調査や素行調査など調査をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

1.恋人や夫、妻の浮気や不倫の事実確認
2.昔の恩人や友人の居場所を知りたい
3.盗聴器や盗撮器がないか心配である
4.尾行や張り込みを行い知りたい事実がある
5.離婚の裁判資料が欲しい
6.ストーカーや嫌がらせ行為に悩んでいる
7.離婚問題で困っている

探偵社・探偵事務所

安心の探偵事務所
Copyright (C) 2006 Tokyo Stars Group, All Rights Reserved.